全か無か思考

e949e6e173d5750d9c6f7977835433d2_s

ものごとを極端に、白か黒かに分けて考えようとする思考です。少しのミスで完全な失敗と考えてしまう傾向があります。

具体例

  • 自分のやった家事に少しの欠点が見つかって「私は主婦失格だ」と思う。
  • 一度夫婦喧嘩をしたらすぐに「離婚しかない!」と思いこむ。
  • 「子供は9時に寝なければいけない」と思っているのに、子供が9時を過ぎて起きていると「ダメな子になる」と思いこむ。
  • クレジットカードのせいで破産した人の話を聞くと「クレジットカードを持つと必ず破産する」と思いこむ。
  • 子供の成績が悪いと「この子は人生の落伍者だ」と思いこむ。
  • 夫の携帯電話に女性の名前があっただけで「浮気をしている!」と決めつける。

このような考え方をすると、「完全に○○である」ということは実際にはありえないのに、いきすぎた自分の要求に自らをあわせようとしていることになります。これは無理なことなので、失敗して自信を失うことになります。

日本でも古くから「中庸」ということばが尊ばれてきましたが、「白か黒か」という両極端の見方をせずに、柔軟にものを見ることが大切です。

普段は柔軟な見方ができている人でも、ストレスがかかった状況が長く続くと、往々にしてこのような硬直した考え方に陥りがちになります。

そしてこのことにより、一層ストレスがかかったり、気分が暗くなったりして、悪循環になりかねません。「いつも~である」、「完全に~である」、「決して~でない」といった考え方を頻繁にしてないか、一度、自分の思考パターンをふりかえってみてください。

関連記事

  • 一般化のしすぎ一般化のしすぎ 「一般化のしすぎ」とは? たった一つの良くない出来事があると「いつも決まってこうだ。うまくいったためしがない!」などと考え、良くないことが何度も何度も繰り返 […]
  • 拡大解釈(誇大視)と過小評価拡大解釈(誇大視)と過小評価 拡大解釈と過小評価とは? 拡大解釈は自分の失敗を過大に考えることで、過小評価は長所を過小に評価することです。反対に、他人の成功を過大評価し、他人の欠点は見逃 […]
  • 離婚しやすい人の考え方離婚しやすい人の考え方 離婚しやすい人の考え方(思考の誤り) 離婚に悩む方々の中にはうつ状態の方がたくさんいらっしゃいますが、うつ状態の方には特有の思考パターンというものがあります。「うつ状態の人 […]
  • マイナス化思考(破滅的思考)マイナス化思考(破滅的思考) マイナス化思考とは? 良い出来事を無視するだけでなく、何でもないことや良い出来事を悪い出来事にすり替えてしまう思考です。 心のフィルター」は、ある出来事の […]
  • 飛躍的推論飛躍的推論 飛躍的推論とは? 根拠もないのに悲観的な結論を出してしまう思考です。飛躍的推論をする人は、感情的な独断や修正困難な固定観念、自分勝手な思い込みで「心の読み過ぎ」 […]
  • 感情的決めつけ感情的決めつけ 「感情的決めつけ」とは? 「こう感じるんだから、それは本当のことだ」というように、自分の感情を「真実を証明する証拠」のように考えてしまうこと。 […]

コメントを残す

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲